トップページ > 特別養護老人ホーム 光寿苑 > 費用
  サービス利用料金基準額T(1日あたり)


平成12年4月1日以降の入所された方が対象となります。
 
項目 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
@生活介護費用 651円 722円 792円 863円 933円
A日常生活継続支援加算 22円
B看護体制加算 4円
介護保険1割負担計 677円 748円 818円 889円 959円
C居住費(多床室) 320円
D食費 1,380円
居住費・食費計 1,700円
自己負担合計額 2,377円 2,448円 2,518円 2,589円 2,659円
 
サービス利用料金基準額U(1日あたり)


平成12年3月31日以前の入所された方(旧措置者)が対象となります。
項目 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
@生活介護費用 651円 761円 918円
A日常生活持続支援加算 22円
B看護体制加算 4円
介護保険1割負担計 677円 787円 944円
C居住費(多床室) 320円
D食費 1,380円
居住費・食費計 1,700円
自己負担合計額 2,377円 2,487円 2,487円 2,644円 2,644円
 
個別加算料金(1日あたり)


上記基準額以外で、下記項目を提供した場合に加算させていただきます。
@機能訓練加算 12円
A療養食加算 23円
B経口維持加算U 5円
C口腔機能維持管理加算 30円/月
D看取り介護加算 4,800円/30日
 
@機能訓練加算・・・・・ 機能訓練指導員の配置のもと、機能訓練計画書を作成し本人家族の同意を得て提供した場合
A療養食加算・・・・・・ 厚生労働大臣が定める治療食(糖尿病食等)を、医師の食事せんに基づき栄養士の管理のもと提供した場合
B経口維持加算U・・・ 経口により食事を摂取している方で、摂食機能障害があり誤嚥が認められる方に対して、栄養士の計画に基づき提供した場合
C口腔機能維持管理加算・・・ 歯科医師または歯科衛生士から月1回以上助言・指導を受け口腔ケア計画を作成し提供を行った場合
D看取り介護加算・・・ 医師の「終末期にある」との医学的診断のもと、看取りに関する指針に沿って介護計画を作成し、本人家族の同意を得ながら医師・看護師・介護職員等が協働して、看取り介護の提供を行った場合
 
   
入院及び外泊時の利用料金(1日あたり)


入所期間中に、入院又は外泊をされた場合にお支払いいただくサービス利用料金は、下記のとおりです。
 
@入院外泊時費用 246円

A居住費(多床室)

320円
自己負担合計額 640円
※入院外泊時費用は、1ヵ月につき6日以内(連続して7泊、複数の月にまたがる場合は12泊まで)とし、介護保険から給付される費用の一部をご負担いただくものです。

※居住費は、入所者が入院・外泊期間中において、利用しているベッドを確保しておくためご負担いただくものです。ただし、該当入所者の介護保険負担限度額認定において第1段階の方については、入院外泊時費用の対象期間までとなります。

なお、入院又は外泊中に入所者が利用していたベッドを短期入所生活介護に活用することに同意いただく場合は、上記の利用料金をご負担いただく必要はありません。

☆入所者が入所した日から起算して30日以内の期間については、初期加算として1日につき30円割増となります。また、30日を越える入院後に再び入所した場合も同様となります。
 
※詳細はお問い合わせ下さい。
 
※以下の金額は、利用料金の全額が入所者の負担となります。

 1.理容サービス
   ※当施設では、基本的に毎月1回の理容出前サービスを実施致します。
    @理容店実費:2,000円(顔剃あり) 1,800円(顔剃なし)
    A苑理容実費:1,000円(軽易な整髪)

 2.行政手続き代行費(切手代・証明手数料など)
   ※手続きにかかった実費をいただきます。

 3.外泊等の送迎サービス
    @西和賀町管内:片道 1,000円
    Aその他地域:片道 2,000円より(距離により階段があります)

 4.所持金品等の管理費
   ※利用者預り金品等(通帳・印鑑含む)を事務にてお預りいたします。
    【詳細は『光寿会預り金取扱規程』に基づきます】
    ☆事務管理費:一ヶ月 当り=お一人様 1,000円

 5.予防注射の実費負担(インフルエンザ予防注射など)

 6.入院期間中の洗濯
   ※基本的にご家族に一任しております。ただし、ご家族が遠方にいるなど、物理的に困
    難な状況にある場合は、一回につき1,000円(片道500円)にて承ります。

 7.行事参加の一部負担金(一泊旅行等での一部負担)

 8.日常生活必要品費
   ※嗜好品や衣類品、その他日常生活において通常必要とする物に関わる費用は、実費
    負担となります。
 
Copyright (C) 2006 Koujukai,Inc. All Rights Reserved.