トップページ > 光寿会について > 沿革
昭和 52 4 3   『社会福祉法人光寿会』法人設立準備総会開催
      6 11   『光寿苑苑舎』建設工事着工(起工式)
      11 30   厚生大臣より『社会福祉法人光寿会』設立認可
                理事長  高橋 又郎  就任
                 
昭和 53 2 28   『光寿苑苑舎』完成  建物の引き渡し
      4 5   『特別養護老人ホーム光寿苑』開設認可
                苑長  太田 受宣  就任
                 
昭和 56 4 5   『光寿苑の歌』完成
                 
昭和 57 4 1   老人の自治会ほがらか一丁目、湯の町二丁目、和賀川三丁目
『町内会』が発足する
                 
昭和 58 5 5   利用者菊池隈太郎さんの御寄付によりアスファルト工事を行い『クマさん広場』を整備
      5 15   開苑五周年事業、京都本山参り7名の老人が参加
      6 5   『開苑五周年記念式典』を盛大に挙行(湯田町体育館)
                同時に五年間の歩み記念誌(光寿)を発行
                 
昭和 59 5 15   前年に続き京都本山参り7名の老人が参加
      8 31   『クマさん広場』を拡張
                 
昭和 61 9 27   日本自転車振興会宛に『地域交流ホーム』建設補助金要望書提出
                 
昭和 62 7 15   『地域交流ホーム』建設工事着工
      11 22   『地域交流ホーム落成記念式典』を地域交流ホームで挙行
                 
昭和 63 12 10   『開苑十周年記念式典』湯本温泉三花館で挙行
      12 10   開苑十周年記念誌『あのな…昔な…』を発行
                 
平成 3 10 1   湯田町給食サービス事業の開始(町社会福祉協議会と契約)
                 
平成 5 3 26   湯田町及び沢内村事業による高齢者ショートホーム完成
                併せて『せせらぎ一丁目』が誕生
      4 1   理事長  太田 祖電  就任
                 
平成 6 7 7   日本の稲作王藤原長作物語『北の米』ロケーション開始
                 
平成 7 1 29   『北の米』日本テレビ系で全国放送
      11 1   藤原長作氏が日本顕彰会より『社会貢献者章』を受賞(中国への稲作指導の功績により『国際貢献者』の部門筆頭)
                 
平成 8 5 26   藤原長作氏が中国黒竜江省方正県人の要請により稲作指導に訪中
    6 10    
                 
平成 9 5 7   初代苑長  太田 受宣  死亡
      8 26   平成10年度老人福祉施設整備計画書(大規模修繕)を県、国へ申請
                 
平成 10 11 30   国、県の補助金により大規模改修工事を実施、完成
                 
平成 13 4 1   評議員会の設置
      4 1   相談及び苦情解決委員会の設置
      10 1   光寿苑のお年寄りを護る会発足
                 
平成 14 4 1   利用者負担額減免措置事業の開始
                 
  平成 18 10 1   光寿苑のホームページを開設  
                     
  平成 19 2 28   高齢者アパート『湖畔の宿』完成  
        8 25   小規模多機能施設『ひなたぼっこ』完成  
        9 7   上記事業の認可を受け、高齢者アパート 9月13日、小規模多機能施設 9月20日にそれぞれ開設する。  
                     
  平成 20 2 29   住宅型有料老人ホーム『湖畔の宿』と改名  
        9 17   『開苑30周年記念式典並びに記念舞台披露』文化創造館『銀河ホール』で挙行  
Copyright (C) 2006 Koujukai,Inc. All Rights Reserved.